木屋町DARUMA

10月3日[土]より渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー

究極の衝撃作、遂に解禁!

  • 遠藤憲一
  • 三浦誠己
  • 武田梨奈
  • 木下ほうか
  • 寺島 進
  • 木村祐一
  • 遠藤憲一(勝浦茂雄 役)
    1961年生まれ、東京都出身。83年、NHK 時代劇「壬生の恋歌」でテレビドラマに初出演し、以降、様々なドラマに出演。88年の『メロドラマ』にて映画デビュー。90年代後半から、ヤクザもの等、Vシネマ、オリジナルビデオ作品にも多数出演。09年に「湯けむりスナイパー」で連続ドラマ初主演を果たした。シリアスな悪役から優しい父親役までこなす演技力で、映画、TVドラマ問わず多数の作品に出演。最近では『土竜の唄』(14/三池崇史監督)、『gift』(14/宮岡太郎監督)またインドネシア映画『ザ・レイド GOKUDO』(14/ギャレス・エヴァンス監督)では海外映画に初出演した。今秋、『ギャラクシー街道』(三谷幸喜監督)が公開予定。またTVドラマでは、池井戸潤原作の「民王」(テレビ朝日系列)にて息子と体が入れ替わってしまう総理大臣の役で主演を務める。ほかCM、ナレーターとしても活躍。『Distance』(01/是枝裕和監督)で第16回高崎国際映画祭助演男優賞を受賞。
  • 三浦誠己(坂本健太 役)
    1975年生まれ、和歌山県出身。96年『岸和田少年愚連隊』(井筒和幸監督)でスクリーンデビュー。『青い春』(02/豊田利晃監督)への出演を機に俳優に転向し、『きょうのできごと』(03/行定勲監督)で注目を浴びる。以降、映画、TVドラマに多く出演。主な映画出演作には、『血と骨』(04/崔洋一監督)、『酒井家のしあわせ』(05/呉美保監督)、『闇の子供たち』(08/阪本順治監督)、『アウトレイジ』(10/北野武監督)、『冷たい熱帯魚』(11/園子温監督)、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『海を感じる時』(14/安藤尋監督)、『まほろ駅前狂騒曲』(14/大森立嗣監督)、『赤の女王 牛る馬猪ふ』(14/天願大介監督)、『極道大戦争』(15/三池崇史監督)など。また、WOWOWドラマでも「予告犯—THE PAIN-」、「しんがり~山一証券 最後の聖戦~」と出演作が相次ぐ。
  • 武田梨奈(新井友里 役)
    1991年生まれ。神奈川県出身。10歳の頃、空手道場に入門、琉球少林流空手道月心会黒帯をもつ。08年『ハイキック・ガール』のオーディションで主演の座を獲得。本格的に映画デビューを果たす。以後、映画、ドラマ、CMなど活躍の場を拡げている。主な映画出演作のうち『祖谷物語-おくのひと-』(14/蔦哲一郎監督)が、東京国際映画祭「アジアの未来部門」スペシャル・メンション受賞、トロムソー国際映画祭最高賞「オーロラ賞」受賞等の受賞を果たし、国内外で実力が認められ、注目を集めた。また、『少女は異世界で戦った』(14/金子修介監督)、『原宿デニール』(15/タカハタ秀太監督)と主演作が続くなか、今夏以降も『進撃の巨人ATTACK ON TITAN』(樋口真嗣監督)、『TOKYO CITY GIRL「KOENJI 夢の寿命」』(山田能龍監督)、『かぐらめ』(奥秋泰男監督)など公開作品待機中。dTVオリジナル『進撃の巨人~反撃の狼煙~』の一編でも主演を担う。現在、日本×ミャンマー合作映画『ヤンゴン ランウェイ』(上野コオイチ監督)の主演も決定。世界的女優としてますます活躍が期待されている。
  • 木下ほうか(金内秋生 役)
    1964年生まれ、大阪府出身。大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。井筒和幸監督の『ガキ帝国』で俳優デビュー。以後、映画、TVドラマなど、個性派俳優として数々の作品に出演。昨年は、話題のTVドラマ「昼顔〜平日午後 3時の恋人たち」(CX)で注目浴びる。最近の出演作は、『グレイトフルデッド』(14/内田英治監督/プロデューサーも務める)、『D坂の殺人事件』(15/窪田将治監督)、『ソロモンの偽証<前篇・後篇>』(15/成島出監督)。また、現在放映中のTVバラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」(CX)では、職場のイヤミな課長、通称・馬場課長でお茶の間の人気を集める。ほか、10月10日には『野良犬はダンスを踊る』(窪田将治監督)の公開が控えている。10月18日からTBSドラマ「下町ロケット」レギュラー出演。
  • 寺島 進(新井英一 役)
    1963年生まれ、東京都出身。86年『ア・ホーマンス』(松田優作監督)で映画デビュー。01年、『みすゞ』(五十嵐匠監督)、『BROTHER』(北野武監督)、『空の穴』(熊切和嘉監督)で第56回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。また、05年『交渉人 真下正義』(本広克行監督)で第29回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。主な映画出演作に、『ソナチネ』(93/北野武監督)、『おかえり』(96/篠崎誠監督)、『ワンダフルライフ』(99/是枝裕和監督)、『疾走』(05/SABU監督)、『フラガール』(06/李相日監督)、『アンフェア the movie』(07/小林義則監督)、『ザ・マジックアワー』(08/三谷幸喜監督)、『アンフェア the answer』(11/佐藤嗣麻子監督)、『清須会議』(13/三谷幸喜監督)、『イン・ザ・ヒーロー』(14/武正晴監督)、『エイプリルフールズ』(14/石川淳一監督)、今年は『天の茶介』(SABU監督)、『アンフェア the end』(佐藤嗣麻子)など多数。『思い出のマーニー』(14)では声優も務めた。
  • 木村祐一(古澤武志 役)
    1963年生まれ、京都府出身。1986年漫才コンビ「オールディーズ」としてデビュー。漫才だけではなく「ダウンタウンのごっつええ感じ」(91/CX系)で構成作家としてもデビュー。他にも「木村料理道 THE NABE キム's スタイル」(04/実業之日本社)・「キム兄の感じ」(09/幻冬舎)など著書も多数出版。『ニセ札』(09)、『ワラライフ!!』(11)、『オムライス』(12)で映画監督も務める。主な映画出演作には『誰も知らない』(04/是枝裕和監督)、『ALWAYS 三丁目の夕日』(05/山崎貴監督)、『少年メリケンサック』(08/宮藤官九郎)、『色即ぜねれいしょん』(09/田口トモロヲ監督)、『ハナミズキ』(10/土井裕泰監督)、『ジャッジ!』(14/永井聡監督)、『花と蛇 ZERO』(14/橋本一監督)、『ズタボロ』(15/橋本一監督)、『Zアイランド』(15/品川ヒロシ監督)など。

このページの上部へ戻る